ボーイスカウト熊本第26団

日本ボーイスカウト熊本第26団

よくある質問

答えを押すと答えが見えます

 活動場所はどちらでしょうか?  
もどる▲
 熊本市西区島崎4丁目の石神山公園
   〃  島崎6丁目のスカウト広場(小山田団地そば)
   〃  花園5丁目の花園市民センター内の花園公民館 です。
あとは、プログラム内容によって変わります。
もどる▲

 親はついて行ったほうが良いのでしょうか?
もどる▲
 ビーバー隊に関しては、原則保護者同伴ですが、内容によっては他の保護者様とお話してください。
 カブ隊は保護者による送迎をお願いしています。
 ボーイ隊以上は、徒歩・自転車・公共交通機関利用で、自力で集合場所に行くように指導しています。
 また、保護者の関与ですが、遠方に行く時や、大人の手が必要な時にお手伝いをお願いしています。
もどる▲

 校区外ですが、参加できますか?
もどる▲
 もちろん大丈夫です。実際に、他校区から参加しているスカウトもいます。
 不明・不安なことがあれば、指導者・団委員長にご相談ください。
もどる▲

 制服は支給されますか?リースなどはありませんか?
もどる▲
 原則購入となります。出来たばかりの団ですので、リサイクル出来る制服が少ししかありませんので、数に限られています。 リサイクル制服を増やす努力はしておりますので、しばらくはお許しください。
 着なくなった制服の買い取り制度もご利用ください。
もどる▲

 4年生になったら部活動をさせたいのですが、両立はできますか?
もどる▲
 スカウトの「ちかい」を立てたならば、一生スカウトとされています。
 「スカウト」が部活動や塾に通っていると思ってください。何事にもスカウト活動を優先させることはありません。 空いた時間でスカウト活動に参加すればよいのです。
 過去例として、この日はスカウト活動を優先したいと本人が部活動指導者にきちんと申し出て部活動を欠席しスカウト活動に参加していた事例はたくさんあります。
 周囲に流されず、自己管理ができるということは、子どもの成長にとっては素晴らしいことではないでしょうか?
もどる▲

 幼稚(保育)園ですが、参加できますか?
もどる▲
 小学校入学年の1月から、保護者の責任のもと参加できます。ただし、ボーイスカウト活動保険(そなえよつねに保険)は使えません。
 ネッカチーフの授与は、ビーバー隊に入隊してからとなります。
 小額ではありますが、一律一回いくらの費用は徴収します。(手数料・教材費・おやつ代など)。
もどる▲

 受験勉強と重なる場合は隊をやめなければならないのでしょうか?
もどる▲
 休隊制度を使えますし、気が向いたら参加するのでもかまいません。気分転換で参加するほうが、勉強の能率はあがるみたいです。 (経費・月割りの年間登録費他は必要となります。)
もどる▲

 ボーイ隊からの参加でも良いのでしょうか?
もどる▲
 構いません。中学2年生から参加して、頑張って上級スカウトになった子どももいます。
 できれば早くから活動に参加することをお勧めしますが、親子そろっての取り組み方の違いが、成長度合の差が現れるようです。
もどる▲

 指導者はどのような方でしょうか?
もどる▲
 専門の訓練を受けた、ボランティアが指導しています。
ボーイスカウトの各種の指導者訓練機関で研修を受け、 指導者としての様々な技能・知識を身につけた方々が子どもたちの指導にあたっています。
 職業をもちながら、仕事の都合をつけて指導のために時間をさいています。
 そのような方々がボランティアとして活動しています。
もどる▲